So-net無料ブログ作成

ラクマの販売手数料が0%から3.5%に改定...メルカリの10%よりは低いものの... [ラクマ]

ラクマの販売手数料が3.5%に
改定されます。



2018年6月4日から10:00に改定されます。


フリルやラクマの時はメルカリに対抗して
CMで販売手数料0円を強調していましたが、
どうやらそれでは持たないようです。

新ラクマ.png

母体が楽天なので資金力はありますが、
これまでの販売手数料0では経営的に
難しくなっているんでしょうね。


フリルは元々販売手数料を10%取っていましたが、
途中から0%になりました。


ラクマはもともと楽天のフリマアプリですが、
フリルが楽天の傘下に入り、


楽天のポイントが使えるようになったり、
楽天のID連携によるサービスが増えたりして


楽天会員は少しは増加はしたと思いますので、
楽天のメリットは少なからずあったと思います。


ラクマは今回の販売手数料改定について、
サポートやキャンペーンの強化を理由に挙げています。


しかし実際は今のままではやっていけない...
メルカリに対抗できないということだと思います。


以前にも書きましたが、そもそも販売手数料0で
しかも利用料も0でやっていけるのかと思いましたが、


他のフリマアプリも苦戦や撤退しているように
体力的に持たないようです。


あのヤフオクでもメルカリに危機感を感じて、
フリマ出品機能や、スマホアプリでの出品対応、
手数料の柔軟化などをしています。


メルカリもヤフオクも利用料や販売手数料で
収益を上げています。


それはアマゾンでも同じです。


ラクマは赤字覚悟で楽天会員を増やすことで、
楽天そのものの利益になればいいと考えいたのかもしれませんが、


予想よりも会員数や取引数が増えていなかったり
するんでしょうんね...。


でなければあれだけ手数料0を強調したCMを
売っていたことを覆す理由がありません。

スポンサードリンク





フリマアプリという分野に関しては、
依然としてメルカリが一人勝ちです。


例えに出したヤフオクは元々オークションサイトです。
その分野では老舗であり一人勝ちの状態です。


メルカリとヤフオクではコアな利用者層が違いますので
単純な比較はできませんが...。


ラクマの3.5%の販売手数料は微妙な数字ですが、
今までラクマで販売してきた方にとっては
痛い数字です。


私もラクマを利用しますが、メルカリと併用で使っている
出品者は多く、手数料分メルカリよりも安かったりします。


もしかすると突然販売手数料を10%に上げると
利用者のダメージが大きいので、


今後段階的に手数料の改定を行う可能性もあります。


ラクマはフリルと旧ラクマが統合して
会員数も増えましたが、
メルカリに比べるとまだまだです。


しかしラクマで売上を上げている人も多いですし、
フリルを使っていた出品者も統合による
メリットはあったのではないでしょうか...。


なんらかんら言ってもラクマはメルカリに次ぐ
フリマアプリですので、
3.5%の手数料を泣く泣く受け入れるしかありません。


サービスが向上し、もっとメルカリと競い合うような
状況になれば利用者としてはありがたいですが。


最後まで読んでいただきありがとうございます。


これからラクマに登録される方は、
よろしければ私の招待コードtNUfD
使ってください。100ポイントが入ります。

appstore.pnggoogleplay.png

【関連記事】

⇒掲載記事一覧

⇒メルカリ用語集

⇒メルカリでのプロフィールの書き方(例文など)

⇒メルカリでの評価コメント...例文など

⇒メルカリ出品時に初心者が注意すること

⇒メルカリ入会登録時に最初にやる設定について

⇒メルカリの出品のやり方は?

⇒メルカリ出品物の発送方法について...。

⇒メルカリでの出品、購入時に想定されるトラブルなど...

⇒メルカリ出品商品の梱包のやり方。

⇒メルカリ 出品から入金までの流れ









スポンサーリンク




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ショッピング

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。